自然の力を最大限に活用する、
それが・・・ベル農法です 。


ベル農法の特長
1. 収穫量が向上

果樹や果樹的野菜、穀物では慣行農法に比べ、大幅に収穫量がアップします。

2. 品質が向上 硝酸態窒素を大幅に削減するだけでなく、食物酵素を大幅にアップさせます。そして、食味値や糖度もアップします。
3. 連作障害を回避 数年に一度は起こる、作物が実らなくなる連作障害が減り、田畑を休ませることなく栽培ができます。

<このベル農法の3つの特徴から、以下のことが生まれます。>

今後、予測される農業危機に対応 中小農業事業者の減少、新たな生産者の減少が予測されます。利益の上がる農業の確立に貢献します。
将来的に起こりうる、食糧危機へ対応
日本国内のみならず、世界的自給率の低下に歯止めがかけられます。
安心・安全な作物の生産 消費者の視点に立って、どこよりも安心・安全な作物の生産が可能になります。

ブランド価値を生む作物の生産
品質向上により、作物がプレミアム化します。海外の需要にも確実に貢献します。。
閉鎖的な農業の流通システムを変革
プレミアム化に伴い、新たな販路が創出し、従来型の流通経路に変化が生じます。

新たな雇用の創出
農業事業の利益増加に伴い、新たな生産者が高まり、増員が要請されるようになります。

HOME | サイトマップ 個人情報保護方針 |「特定商取引に関する」法律に基づく表示 | お問い合わせ |会社情報

Copyright(C)株式会社ベル・ファームAll right reserved