ベル・ファームは、消費者の皆様、
そして農家さんを元気にする会社です。


会社概要

社名:  株式会社ベル・ファーム/ Bell Farm Corporation

所在地: 神奈川県横浜市旭区上川井町3167番地
代表:鈴木  玲児
設立: 平成19年5月24日
従業員数:5名 
連絡先: 
TEL 045(924)2236
FAX 045(924)2237
E-MAIL info@bell-farm.co.jp

事業概要
<ベル農法開発事業>
ベル農法の発展・普及を図ります。具体的には、各県に営業所として事業拠点を設け、生産農家への普及活動を行います。
@ ベル農法を各県で普及
A 京都大学からの支援による研究
B オリジナル実験農場の建設計画
<資材製造販売事業>
ベル農法資材「ベル竹酵土」「ベル千倍水」の開発・製造・販売を行います。営業所を通じて生産農家へ流通していきます。

@ バイオマスプラント計画
A バイオ産業とのタイアップ
<流通販売事業>
ベル農法から生まれた作物をブランド化し、「安心・安全・健康」な食品の流通を図ります。
@ 差別化された作物の流通
A 検査機構の設立計画
挨拶

過去の歴史上で「健康」というものが、これほどクローズアップされ、その重要性を個人個人が自覚せざるを得ない時代はかつてありません。なかでもとりわけ、「予防医学的視点」の重要性が強く指摘されるようになってまいりました。
その背景のもと、「食」の分野に関しても「無農薬・有機栽培」がクローズアップされてきましたが、それらの食品も、末端の消費者には知られていない不透明な部分が多く、未だ食の安全性が完全に確保されたとはいえません。
さらに、低価格の輸入作物の流通や生産農家の高齢化が追い打ちをかけ、農業全般でも生産農家の減少(国内自給率の低下)が社会問題になっています。
(株)ベル・ファームは、食の原点である農業に立ち返り、真に健康に寄与する食品の開発を志し、京都大学と共同研究により培われてた、ベル農法によって、生産から消費に渡って改革をもたらしていきます。


平成19年5月14日
株式会社ベル・ファーム
代表取締役 鈴木玲児


沿革
2003年1月 株式会社ハーティープランニング設立。
2003年5月 農法の研究・開発に着手。
農法の研究および、大豆製品の研究・開発を手がける。

2005年9月 京都大学より農法開発に関わる支援を受ける。

2006年12月

「当社監修のビジネススキームがしんきん2006産学官提携ビジネス大賞」優秀賞を受賞。
農法に関する事業性が認められる。
同月 岩手県に営業所設立。
2007年5月 株式会社ハーティープランニングの資本のもと、
農法に特化した会社として(株)ベル・ファームを設立。
同月 岩手県営業所が代理店に。茨城県に代理店設立。
2007年6月 静岡県、埼玉県に代理店設立。
2007年7月 長野県、東京都に代理店設立。
2007年9月 神奈川県に代理店設立。
同月 大手食品流通会社と業務提携を締結。
2008年1月 秋田県に代理店設立。
同月 「竹酵土」商標登録。
2008年5月 本社所在地を横浜市中区から旭区へ移転。










ページトップへ

HOME | サイトマップ 個人情報保護方針 |「特定商取引に関する」法律に基づく表示 | お問い合わせ |会社情報

Copyright(C)株式会社ベル・ファームAll right reserved